3本ローラーの練習デビューはまずはスニーカーで。

   


雨の日や積雪など天候に左右されずに練習ができるローラー台。便利ですよね。この時期は暑くてたまらないですけど。笑
ローラー台(3本ローラー)での練習デビューはいきなりビンディングシューズを履くのではなく、まずはスニーカー、室内履きから始めることをオススメします

3本ローラーは乗れるようになるまでがまず最初の壁だと思います。上手く乗れてもはじめのうちはペダリングが安定しませんし、少し意識を他に向けてしまうとあっという間にローラー

ビンディングシューズを履き始めて間もない方やトライアスロンデビューのためにロードバイクに乗り始めた方の参考になればと思い、まとめてみました。完全な個人的見解です。

落車によるケガのリスク

ローラー台の上とはいえ、ビンディングシューズがペダルから外れずに転んでしまえば立派な落車です。外での走行中の落車に比べればダメージは軽度かもしれませんが、打ち所が悪かったり、室内の家具や鋭利なものとぶつかったりしたら大惨事です。私もビンディングシューズでの練習になれないうちに調子に乗って練習して派手に落車をした経験があります。ローラー台の上であれ、ビンディングが外れずに落車するのはやはり怖いですし、痛いです。

余計な恐怖感が生まれて外での練習に悪影響がでる

個人的にはこの悪影響がいちばん練習の妨げになるんじゃないかと思います。「これ(落車)を外でやったらどうしよう」みたいな余計な恐怖感が生まれてしまいます。トラウマに近いですね。

外での走行時とローラー台の上では状況が異なるので全く気にする必要はないと思いますが落車を身体で覚えてしまうと、その時の恐怖感はどうしても思い出してしまう方もいると思います。

外でビンディングの着脱が普通にできれば問題ないことなので、恐怖感が生まれたら早めに外の安全な場所でビンディング履いて練習して走る記憶を上書きして不安を打ち消してあげることが一番なのかなと個人的には思います。

練習したての人が落車の恐怖感で練習がおっくうになって、本番で実力出せないのはもったいないですからね。

 落車によるバイクの破損

これも見逃せません。

ローラー台の上なのでスピードは出ていませんが、落車のよる打ち所が悪ければコンポーネントの交換、最悪の場合フレームを破損なんてことも…カーボンで出来たものは特に破損しやすいみたいなので、良い機材を持っている方ほど注意したいですね。
ローラー台は便利ですが、上手に使わないとはじめのうちはリスクもつきものです。慣れないうちはスニーカーや室内履きで安全優先で練習し、安定したペダリングができるようになってからビンディングを履いて本格的に練習した方が良いかもしれませんね。
ローラー台の真ん中をきれいにブレなく走り続けられるように私も練習したいと思います。

 - BIKE, お役立ち , , ,