うなぎを食べに横浜野田岩に行ってきました。

   

横浜には名店、老舗と言われるお店がいくつかあります。八十八、わかな、竹葉亭など百貨店に支店があるお店、昔からあるお店が多いです。

野毛に行けば福家、一千代などで比較的リーズナブルに美味しいうなぎが食べることができます。
今年2016年は7月30日(土)が土用の丑の日ですね。ちょっとフライングですが誕生日祝いでうなぎが食べたくなったのでうなぎの老舗、横浜野田岩でうなぎを食べてきました〜。

めざせナイスミドル。おいしいうなぎを食べながらナイスミドルになるにはどうすればよいかを考えに来ました(うそです。笑)

門構えどーん。

高級感が漂ってます。どきどき。

横浜野田岩は横浜駅西口からハマボールを抜けて少し歩いたところにあります。徒歩15分くらいかな?平沼橋駅からの方が近いかもしれません。

この日は夜の営業にお邪魔しました。予約なしで行きましたが、早い時間だったので問題なく入れました。

暖簾をくぐるとまず「ご予約のお客様ですか?」とまず聞かれます。

案内されたのは2階のテーブル席。

奥の席は空調強め。暑がりな私にはちょうど良いくらいでした。お店の中は静かです。

野田岩ってどんなお店?

野田岩はもともとは麻布にあるお店。お品書きには「麻布 野田岩」と書いてあります。
横浜野田岩は麻布にある五代目野田岩ののれん分けだそうで、

横浜高島屋にある野田岩はこの横浜野田岩の支店みたいです。

 

飲み物はビール、日本酒、ワイン。ソフトドリンクはウーロン茶が用意されていました。

写真にはないがワインリストが別で用意されており、充実しています。

おみやげでうなぎのたれを買って帰ることもできます。

お重は上から順に桜、楓、松、竹の4種類。

「これって、なにがちがうんですか?」

と単刀直入にお店の方に聞いたところ、うなぎの大きさだと言われました。

ナイスミドル、ためらわずに聞いてみてよかった。なるほどなるほど。笑

 

私は上から2番目の楓を注文しました。それと盛込みを1つ。ちなみにご飯の大盛りが可能です。うなぎのたれがしみたご飯が大好きな私は迷わず大盛りを注文。いかんいかん、ついつい必要以上の炭水化物を多めに食べてしまう。これではナイスミドルにはなれないぞ。笑


お通しがでてきました。この日はじゃこ。山椒が効いていて美味しい。器がかわいい。笑

しばらくすると注文した盛込みが来ました。梅の味つけがおいしいミニトマト、マグロの漬け、ローストビーフ、うなぎの薫製、蛸、鮑、、どれも美味しい。お酒がすすみます。上品だなぁ〜

な〜んて気分良く飲みながら盛込みを食べているとやってきました。うな重!!

お重の船の絵柄は横浜だからでしょうか?

どーん!ああ。。。お店のうな重だ。。。たまらん。

ふたの裏には野田岩の印が。笑野田岩のたれは一言でいうとあっさり。

ファミレスやスーパーで買える蒲焼のようなしっかりとした濃い味ではありません。

が、決して物足りない印象はなく、しっかり焼かれていて中がふっくらのうなぎに丁度いい案配であっさりで上品なタレがかかっています。

美味しいうなぎはこのぐらいのタレが丁度いいんだよと教えてくれる味でした。

きも吸もまた絶品でした〜。

頻繁に通えるお店ではありませんがちょっとしたお祝いですとか、お酒を楽しみながらちょっと上品にうなぎを食べたい日にまた行ってみたくなりました。

お店情報

店名:野田岩
住所:横浜市西区北幸2-3-19
予算:6000〜8000円(目安)
定休日:日曜日
営業時間:11:30〜14:00  17:00〜20:30
電話番号:045-320-3224

 - お出かけ, 横浜グルメ, 横浜情報 , , , , , , , , ,